« 髭(ひげ) | Main | 髭-2 »

2004.03.20

マドリードテロ・・・というより、近年のテロと日本

日本時間2004年3月11日(多分午後)、スペインのマドリードで、列車に対するテロが起きた。2004.3.12時点で死者197人だとか。かなり酷い事例と思う。
犯行組織は、スペイン北部バクス地方(なんとなく聞き覚えがある.確かフランスとの国境近くにあった地域で,同族がフランスにも居る(というより国境で分断された)とかなんとか.数年前にNHKだかでやっていた覚えあり.)の分離独立を目指す「バスク祖国と自由(ETA)」いう組織が一番睨まれているとか。だが、起爆装置が積んであったという、現場近くで発見された盗難車に、アラビア語で読んだコーラン(イスラム教の聖典)のテープが発見されたとかで、ビンラディンで有名な国際テロ組織・アルカイダの関与が取り沙汰されている(可能性はあるだろうが,あからまさますぎて嘘臭い気もする.犯行組織が権威付けの為にわざとやったのでは?又はスペイン政府側が国際世論を味方にする為に仕組んだとか)。
テロを詳しく追っているわけでもないので、テロで死ぬ人間が平均何人なのかという情報は知らないが、一般向けを狙ったテロとしてはかなり酷い部類に入ると思う。ここ数年、よく日本のマスコミで出てくる海外のテロと言えば、
(a)イスラエルでの一般市民向けパレスチナ地下組織による自爆テロ
(b)イラクでの米軍or各国派遣軍or国連組織を狙った自爆テロ
だろうか(他にイギリス・アイルランドのIRAやインド・カシミール地方,パキスタンや南米でのテロもたまにあるが,こちらは最近あまり事例が無い)。これらは大抵1回で死者数3~5人だし、犯行者は自爆しているので、余計に今回の事件の酷さを感じてしまう。

テロを行う事に対しては・・・正直に言おう。少なくとも、海外(特にユーラシア大陸で行われるもの)で行われるものについては、行う側の気持ちもわからないでも無い。彼等は、省みられない民族的地位(大抵不遇な歴史がくっついている)や文化の防衛の為にテロを行っていると思う。だが、日本人の大部分は、こういうもの(民族的地位や文化の防衛)に対して被害を被っている訳ではないので、彼等の気持ちがわかっていないと思う。どれだけ不遇な歴史が続いてきたのか、そして、少数民族であるが故に、民主主義では数の論理で勝てず(イスラエルとパレスチナの場合は参政権すら無い様だが)、現状を打破する手段が無い底知れぬ悔しさがどれだけのものか、想像する事すらしていないのではないか。又、戦後自国文化と誇りを壊され捲くったので、文化を壊される事になんら抵抗感が無いのだろう(伝統的文化や誇りなど持っていないのだから.持ってるつもりになっているものはあるかもしれない.経済的誇りといういやらしいものは持っているかも.)。それなのに、戦後植えつけられてきた「暴力・戦争はいけません」という思想だけを振りかざして、日本人は「テロはいけない・屈してはいけない」と言っている様に感じる。・・・まぁ尤も、大部分の日本人は、海外で何人死のうとも「ふーん」と対岸の火事扱いしているというのが本当の所だろうが(現在国力が世界最強のアメリカも似た様なものかもしれない.ワシントンやニューヨーク以外は.)。

大体、「テロ」という言葉は、スイスあたりの「テロル地方」において、一部族が独立する為にゲリラ戦をした事が語源だった筈だ(少し記憶あやふや)。アメリカ政府とその支持国家政府では「テロ」=「悪」と、言葉の上で結び付けたがるが、抵抗運動自体はそう悪し様に言う事じゃないだろう。攻撃対象を選ばないやり方なんぞ、第2次世界大戦中にアメリカが支援しながらフランスあたりのレジスタンスが腐る程やった筈だ。いや、アフガニスタンあたりでは対ソ連用にアメリカ自身が地下組織を支援した筈だし、南米の反政府組織にだって金・軍事教育支援を渡した筈だ。「テロが悪い」だなんて、良くもまぁ言えたものだと思う。イラクで頻発しているやつだが・・・少なくとも軍や警察を狙ったものに対しては、「テロ」ではなく「ゲリラ戦」と言え、と言いたい。

唯、そうは言っても、「テロに屈すべきではない」というのは私的に支持する。多分に偏った私見だが、私的にも「やられたらやり返せ」が人生のモットー(実現できるかどうかは別にして(ぉ)だからだ。唯、そこに格好良さなど無いし、道義的正しさも無いだろう(道義的には・・・仏教でもキリスト教でも「暴力はいけません」が正しいと思う.イスラム教では違う様だが.)。又、効果的面だが、1回へこませて屈する相手ならば「やり返し」でいいのだが、そうでなければ、「やり返されたのでやりかえせ」となり、連鎖が止まらなくなる。イスラエルとパレスチナの関係がいい例だ。それを解った上で、それでも自分のやり方を通したいが為のエゴとしての「テロに屈すべきではない」だ。
だが、アメリカ大統領・ブッシュは「道義的に正しいから」屈すべきではないと主張している様に見えるし、日本の総理大臣・小泉は、「国際的にそれが通念だから」屈すべきではないと主張している様に思える(実際の所は,前者は私とあまり変わらない理由であり,後者はアメリカに同調する為だろうが.)。
(・・・話は違うが,私は小泉首相の姿勢,支持しないでもない.アメリカに同調する事が,アメリカの世界第一の国力が存続する限り,日本の国益だというのは---気に食わないが---間違っていないと思うからだ.唯,彼が国益の為に「仕方なく」やっているのならいいのだが,彼の世代に共通する「アメリカいい国世界一」的盲従姿勢の結果ではないかと危惧している.そして・・・アメリカの国力が世界一であり続けるとは限らないのも事実ではないだろうか.あの国力は,膨大な赤字の上に成り立っているのだから.私的に,アメリカに盲従する事は理解できない事だ.アメリカはアメリカの国益で動いているのであって,日本の国益は交換条件程度にしか考えていないのに.スーパー301条であれ程苛められたのをもう忘れているのだろうか.世界の警察を気取っている様だが,所詮自国の利益で動いているだけなので,非道が行われても,自国兵士が殺されたからと撤退するし,自国に関係ない事項には知らん振りだ.警察官が殺されたからと,暴力団にガサ入れしなくなる警察なぞ,警察ではない.せいぜい自警団か・・・逆に暴力団そのものだろう.勿論,日本戦後の治安を体張って守った任侠道ではなく,極道だ.任侠道の様に効果がある事は確かに認めるが,正義などでは絶対ありえない.)

今回のテロを行ったと目される組織だが・・・ここまでバスク地方が不遇を被っているとは思わなかった。不勉強なだけなのかもしれないが、ここまでやらなければならない程深刻なのだろうか?イスラエルから国軍使って虐殺されまくっているパレスチナ人や、大統領自体が無茶苦茶なアフリカ諸国(多分・・・一部の国だけだろうが)の人達に比べれば、恵まれすぎているという気がするのだが・・・「どうあがいてもまともな手段では独立できない」という悔しさがさせたのだろうか。独立したとしても経済的に立ち行かなくなるのは目に見えているから、自治権を獲得すればいいのではないかという気がするが、そうだとしてもフランス側の同族と合流できないという事もあるのか(ならばフランス側にもテロを仕掛けなければならんだろう)。短絡思考の結果だ・・・と結論づけたい所だが、そうではないのかも。今回の事件で「バスク問題」が世界的に意識される様になったという効果は確かにあるだろうから。
・・・と思っていたら、アルカイダ関係者を名乗るグループから犯行声明が出たらしい。更に胡散臭すぎ。やった奴ってETAでもアルカイダでもないんじゃないのか?

さて、そのテロだが、日本でも起きる事はあるのか?もちろんこれまでも連合赤軍あたりが「花火打ち上げ」は行ってきたが、あんなものは「意思表明」であってテロの内に入らないだろう。・・・話は違うが、どうして「花火打ち上げ」しかやらないのだろうか。「やりたくても資材がなくてできない」というのもあるのかもしれないが、「実際に死者を出してしまっては、支持者さえも敵にまわしてしまう」という思惑もある気がする。・・・話を戻す。日本でのテロ発生の可能性だが、アルカイダによるテロは起きるのか?という事限定で言えば、「いつかは起きる」だろう。イラク派兵を仮に止めた所で、数年前のアフガニスタンに対するアメリカ軍派兵に、(国民の意思を無視して)支持を表明した時点で、アルカイダの標的になる「理由」は、既に確立されてしまっているのだから。当時、「さて、これから日本も物騒になるか」と危惧したものだ。だが、当時フィリピンやインドネシアあたりのイスラム教徒が実際にテロを起こしたのと対照的に、未だ日本ではアルカイダによる一般向けテロが起きていない。何故か?多分、日本ではイスラム教がそう力が無い事(日本に定住するイスラム教徒の絶対数が少ない事)が原因だろう。中東からとても遠いというのも理由の一端を担っているかもしれない(断っておくが,イスラム教が悪いと言うつもりは毛頭無い.不勉強で申し訳無いが,いいか悪いか判断できる程知識が無い.キリスト教同様の1神教で,道徳律が厳しい,くらいの認識しか無い.前者は嫌だが後者は好ましく思っている.)。爆発物などの現地での準備には、現地人の協力が不可欠だそうで、テロという非道な事に協調する人間の割合はどんな宗教でも少数だろうから、母集団の絶対数がとても大きくなければ、テロの実施は無理だろう。現状では、日本でのイスラム教徒数は少ない(というか基本的に無宗教だろう.根っこは仏教だろうが・・・いや,キリスト教に置換されつつある気もする.)ので、当分起きないと思われる。・・・アルカイダと、イスラム教徒によるテロは。この先不況が続いて、「被害を受けた少数民族」ができれば話は別。在日韓国人・朝鮮人、海外人労働者等々、不遇を被っている人々は日本に確実に居る。彼等が極端な不遇を被らない様、経済が好転してくれればいいのだが(経済第一主義は嫌いだが,経済が民を救うというのは否定できない要素だと思う)。
ところで小泉首相は、テロに対して国民が覚悟しているから自分を支持しているのだろうとか寝呆けた事を言ったそうだ( http://www.asahi.com/politics/update/0319/010.html 朝日の記事だから,真偽は注意せにゃならんが)。支持者は政策の「ある部分」を支持してるんであって、おめぇのやる事全てを支持してる訳ねぇだろうに。

まぁいずれにせよ、日本人も覚悟自体はせねばなるまい(小泉を支持して言う訳ではないが)。私は・・・小泉がアメリカのアフガン出兵を支持しくさった時から(嫌々ながら)覚悟しているが。
乱文失礼。

|

« 髭(ひげ) | Main | 髭-2 »

Comments

Hi there! I just would like to give you a huge thumbs up for the great info you have here on this post. I'll be returning to your blog for more soon.

Posted by: Millie | 2015.06.27 at 01:05 AM

The simple concept on which the game is based on old aged time. The download boom beach objective in each level, once you progress the more deadly obstacle you have to do is check out the following overview, gameplay, minimum system requirements, tricks, hints, download link as well as stores.

Posted by: boom beach diamantes infinitos | 2015.06.30 at 02:51 AM

Saved as a favorite, I like your website!

Posted by: Continue Reading | 2015.07.11 at 08:29 AM

Hello! I know this is kinda off topic but I'd figured I'd ask. Would you be interested in trading links or maybe guest writing a blog post or vice-versa? My website goes over a lot of the same topics as yours and I think we could greatly benefit from each other. If you are interested feel free to send me an email. I look forward to hearing from you! Wonderful blog by the way!

Posted by: payroll bureaus | 2015.07.11 at 10:14 AM

bookmarked!!, I like your blog!

Posted by: SherrilODorka | 2015.07.13 at 09:51 PM

Keep up the great work , I read few blog posts on this website and I believe that your websiteis very interesting and has a lot of great info.

Posted by: Annette | 2015.09.21 at 12:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9943/329398

Listed below are links to weblogs that reference マドリードテロ・・・というより、近年のテロと日本:

« 髭(ひげ) | Main | 髭-2 »