« December 2016 | Main | February 2017 »

2017.01.28

酷い時代が始まる-トランプが米大統領就任

去る2017/01/20に、アメリカ大統領としてドナルド・トランプ(冗談みたいな名前だ・・・)が就任した。してしまった。

今回の米大統領選は、対立候補のヒラリー・クリントンも酷い奴だったので、どっちに転んでもいい結果にはならないのは目に見えていたのだが・・・。
#一部で「今度の大統領選に勝った方が、人類の敵になる」と言われていた。まー、そうだね。

それでも、まだヒラリーの方がマシ、というのは、殆どの人間の共通認識だったと思う。
しかし、結果はトランプの当選。

ロシアのサイバー攻撃のせいだと言う話もある様だが、アレができた事は、精々Facebookによる印象操作程度の筈で、それに動かされる様では、お前ら何を見てるんだ、という話だ。と言うか、アレにそうまで力は無かったと思う。

今回の結果を引き起こした一番の要因は、米の選挙人制度だ。

実際、米国民の半数以上はヒラリーに投票してたそうだから、その民意を捻じ曲げたのは、選挙人だとしか思えない。まぁ、一部の選挙人は、捻じ曲げてヒラリーに投票した様だが・・・。
#翻って、じゃあ日本ではそんな事無いかと言うと、矢張り民意は、議員という中継ぎで捻じ曲げられていると思うが(政党の頚木がある時点で明らか)。

民主主義って、世襲の王侯貴族ではなくて、選挙で選ばれた人間に権力を渡す「だけ」でしかない。選挙で選ばれる候補者は、金や政党の力関係で選ばれるのであって、結局金持ち・政党という非世襲の(まぁ世襲も結構してるが)「王侯貴族」に権力を渡している。

国のトップを選ぶ選挙くらい、国民の直接投票でやれよ・・・(米も日本も)。


この先、アメリカも世界も、大変な事になるだろう。

選挙時のトランプの言動からありありと伝わるのは、世界の繋がり(経済も、安全保障も)が全然見えていない、身の回りの事しか見ていない、自分の事しか考えていない'80年代の観念の持ち主だという事。
経済的に成功した人間だから、そちらの方でいい結果を残すかもしれないとか一部で言われていたが、多業種を見渡さなければならないファイナンス系企業や、製造業を含めたコングロマリットのトップならともかく、彼は不動産という一業種でしか成功を収めていない(ホテル・観光業に手を染めた事があった様だが、大失敗して今も借金を抱えている)。
就任前に、国外に工場を作ったら、米国民の雇用が減るから作るなとか、本当にこいつ、大学で経済を勉強したのか?と言いたくなる事を言っていた(しかも本当に圧力になっている)のがいい証拠だ。別に米国内の既存の雇用が減る訳ではないし、まず第一に、何故国外に工場を作ろうとするのか、解っていない(高い人件費で、国外に工場を作らなければ、企業が成り立たないから作っているのに)。以降、米国外への工場作成を阻止したとしても、米国内で作られた工場ではロボットが稼動して、米国民の雇用は大して増える訳ではないし、いずれにしても設備投資が高すぎて、企業の収益が減る→収める税金は減るし、企業自体が潰れる可能性も高い。短期的に良い様に見えて、長期的には米の首を絞める事になるくらい、70歳過ぎてる経営者なんだから、解れよ・・・。
後、言う事をコロコロ変えるし。選挙が始まって、自分が間違ってたの気付いて訂正したのが見え見えだ。自分の非を認めて訂正する事自体はいい事だが、まずモノを知らなすぎるのが問題。この先、彼の無知で、明後日の方向の政策が実施されて、間違っていたのに気付いて結局前のやり方に戻す・・・ならまだいいが、もう変えられなくて、他に責任を押し付ける為に更に明後日の施策を行って、泥沼になるのが見えている('80年代に日本の大抵の大企業がやった事だよな・・・)。高々一つの不動産企業なら、勝手にやって自滅していればいいが、アメリカは名実共に世界に多大な影響力を与える国だ。影響は全世界に及ぶ。
・・・大体、「偉大なアメリカを取り戻す」だと?何を戯けた事を。「今までが」偉大だったんだよ。
#まぁ、いらん事も沢山してたけど。

とまぁ、彼が当選したらヤバいのは色々わかりきっていたのに、当選してしまった。
唯一の望みは、無知な人間の成長、だ。
後最低2年くらいはとんでもなく世界は掻き乱されるだろうが、何せ2000年代以降の通念を持っていない人間なので、自分が間違っていた事に気付いて、本当に明後日(斜め上?)の独創的ないい政策を出して来るかもしれない。
でもなぁ・・・70歳過ぎてるからなぁ・・・無理だろうな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2016 | Main | February 2017 »